OMRON BY35S バッテリー交換しました!【格安互換バッテリー】

BY35Sのバッテリーを交換した経緯

OMRON BY35S 本体 バッテリー切れ状態

どのご家庭にも1台はあるUPS。
我が家にも例外なく転がっているのですが、先日アラーム音が鳴って、バッテリー交換サインが点灯しました。

このUPS、4ヶ月程前に秋葉原のジャンクショップで500円で売っていたもので、しかもPaypayの20%還元期間もおかげで実質400円程で購入できた高コスパな一品。

先日まで、そのまま元気に動いていたのですが、恐らく3年くらいは使われていたのでしょう…
仕方が無いので、バッテリー交換をする事にしました。

BY35S/BY50S 交換バッテリー

こちらを使用しました。

BY35S/BY50S の交換バッテリーを公式サイトで買った場合…

OMRON BY35S BY50S用 純正 交換バッテリー 11232円

公式で買うと、11232円するので上記の互換品を買ったほうがお得です。

※2ヶ月後追記(2019/10/27)

交換後も、特に問題等は発生しておりません。

BY35S バッテリー交換方法

画像を交えて、交換方法を記載します。

稼働中に作業する場合は、電源コードを引っこ抜かないようにさえ気をつければ電源ONのまま作業が可能です。

※BY50Sも同様の手順で交換可能です。

BY35Sを正面から見て左に倒します

OMRON BY35S バッテリー交換 正面から見て左に倒す

裏蓋を外してバッテリーを引き出します

裏側を見ると、下記のようになっています。
(埃が多いです…汚くて申し訳ない…)

OMRON BY35S バッテリー交換 裏蓋を外す

「A」のネジを外します

+(プラス)ドライバーが必要です。

「B」の蓋をスライドさせて外します

この画像で上方向に向かってスライドさせます。

バッテリーを交換します

OMRON BY35S バッテリー交換

バッテリーを数センチだけ引っ張り出します

「矢印」の方向に引っ張り出して、コードが引っかかるくらいの所で止めます。

と黒の端子を外します

外す順番は、→「黒」の順です。
※端子は、白い矢印の反対方向へ引っ張ると外れます。

新しいバッテリーに端子を取り付けます

付ける順番も、→「黒」の順です。

※Kixiは、前のバッテリーについていたプラスチックの保護部分も移植しました。

(そのまま剥がして、剥がしたとおりに付けました。)
安全面を考慮するなら、間違って触らないように移植した方が良いです。
移植しなくても、機能的に問題はありません。

逆順で元に戻します

バッテリーを格納して、蓋を締めてネジ止めして完了です。

バッテリーチェックを行います

BY35S/BY50Sの「ブザー停止・テスト」ボタンを長押し(10秒くらい)してバッテリーチェックを行います。

※しばらく待って、液晶画面に「BC」と出ればOKです。

最後に

UPSはバッテリ交換にお金が掛かるため、中古品は非常に価格が落ちやすいです。
しかし、お金が掛かるのは純正オプションのバッテリーに変えた場合。

互換品同規格品の別メーカー等で揃えれば、非常に安い値段でUPSを維持する事ができます。

今回も、新品で15000円程するUPS(BY35S)を、
・BY35S本体:約400円…
・交換バッテリー:約2500円…
合計3000円くらいで購入する事ができました。

当然バッテリーは新品交換しているので、2、3年間はこの費用で運用できます。

バッテリーを更に交換しても、+2500円が数年おきにひたすら掛かるだけです。

UPSは高いと思っている人は、

①本体は中古で買う
②バッテリーは新品の互換品を買う

ことで、実用的なUPS安く手に入れる事ができます。

それでは!