*

【仮想化】自宅サーバーへ移行しました【VMWare Esxi&kusanagi】

公開日: : 最終更新日:2018/08/13 PC, 自作PC, 自宅サーバー , , ,

ブログを自宅サーバーへ移行しました

この度、Kixiの雑記帳を自宅サーバー環境に移行しました。
現在も、この写真のサーバーから当ブログは配信されています。

メモとして、サーバーの構成等を記しておこうと思います。

サーバーのスペック

自作PCを作る人々は、家に必ず一台は用途不明なPCがあるはず。
Kixiもそれにもれず、全く使っていない家に転がっているPCを今回のサーバーに仕立て上げました。

※スペック等、詳細はこちらに記載しました。

【構築メモ】VMWare ESXiとkusanagiの環境構築まとめ

床に転がってる不用品の寄せ集めみたいなPCですが、弱小ブログのWEBサーバーには必要十分なスペックを誇っています。

なお、画像を見たら分かると思いますが、第4世代のCore i7のケースは嘘です。嘘ケースです。
ジャンクで中を取り出して余ったケースに、上記パーツを詰め込んています。

今回の構成

さて、ハードのスペックについては語りましたが、サーバーはハードだけでは動きません。

今回は、よくあるCentOSではなく、「VMWare Esxi」をインストールし、仮想サーバーにしました。

VMWare Esxi とは?

仮想サーバー用のOSです。
歴史は意外と古く、2008年ごろからずっとバージョンを上げつつ生き残っています。

今回わざわざ、仮想化するのには理由があります。

それは「kusanagi」が使いたかったからです。

kusanagiとは?

超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」(以下「KUSANAGI」)は、プライム・ストラテジー株式会社が開発・構成する、WordPressを高速に動作させるための仮想マシンおよびそのイメージです。WordPressの実行時間3ミリ秒台、秒間1000リクエストをページキャッシュ非使用で実現する世界最高速クラスのWordPress実行環境です。

kusanagi 公式ページより

シビアにチューニングされたのphpやMySQLなどが搭載された、CentOSベースの仮想イメージを無料で提供してくれています。
※通常のXAMPP環境の10倍速度が出るとまで言われています。

ここで重要なのは、「仮想イメージ」を配布しているということ。

元々、VPSやクラウドでの使用を想定している上、直接ハードウェアを管理するOSにしてしまうと、高速化のチューニングが上手くいかないのではと思います。
kusanagiを直接PCにインストールするにはハードルが高いのです。

以上から、

①自宅サーバーにVMWare Esxiをインストール
②kusanagiが無償で配布しているVMWare用の仮想イメージをデプロイ

の順番で構築しました。

※Docker版もありますが、機能が一部制限されるそうなので、今回は見送りました。
確か、Let’s Encryptを導入するコマンド等が使えなかったはず。

回線について

この度、NURO光に乗り換えました。
遅い時でも500Mbpsくらいは出ているので、とりあえず速度に問題はなさそう。

ただし、NUROは固定IPにできない問題があります。

そのうち、VPSでも借りて、VPNサーバーを構築し、自宅サーバー→VPSのVPNサーバー経由の固定IP…みたいな構成を組みたいですが、とりあえずDDNSで対応しています。

IPアドレスのリースが多発するようなら、また考えます。

構築でハマったところ

今回は、VMWare Esxiも、CentOSも、kusanagiの独自コマンドもすべて初体験だったので、色々詰まる所はありました。

IPアドレスの設定で詰む

ボーっとしながら構築していたら、Esxiとkusanagiのipアドレスを同じものに設定してしまっていました。
気が付いたら、EsxiのWeb管理画面には入れず、サーバーから直接仮想マシンを止める方法も良くわからず、英語のメニューを探し回って、設定のリセットを行いました。

※再起動時にkusanagiが自動で立ち上がる設定にしていたせいで、再起動後も勝手にkusanagiが立ち上がり、NginXの初期画面が表示されてWebコンソールに入れない。

リセット後、作業途中のkusanagiのイメージは残っていましたが、EsxiのIPを変えるのも面倒で、kusanagiは初期設定で再デプロイしました。

MyDNSの設定が良くわからない

今回は、MyDNSというサービスを使ってDDNSの設定を行いました。

MyDNSだと、上手くサブドメインを他IPに割り当てられなくて、仮運用のつもりが結局「pic.kixi.jp」「tachibanaold.kixi.jp」なども自宅サーバーへ移動させました。

物理ディスクの追加

何故か内蔵SATAにHDDを繋いでもうまくいかない。
そもそもディスクをEsxiが認識されていないみたいで、sshで接続して設定ファイルを色々書き替えたりしたが、ディスク一覧に現れる事は無かった。

とりあえずバックアップはできないとまずいので、USBの外付けHDDをマウントし(これもコマンドラインから面倒な操作が必要)、有志が作ったツールを利用して、日次バックアップするようにした。

Vmotionとか使えたら便利だが、無料のEsxiだと使えないので仕方がない…。

→HDDが故障していました…
先日3TBx3のRAID5を組んだ際は、きちんと認識しました。
但し、Esxiの再起動が必要でした…。

AmazonJSの表示がおかしい

何故かAmazonJSの表示がおかしくなったが、調べてみるとHHVMだと動かないらしい。
とりあえずphp7にして、キャッシュが消えるまで静かに待ちました。

最後に

VMWare Esxiは割とグラフィカルで取っつきやすいですが、kusanagiは完全CUIなので、CUIアレルギーの人は中々手間取ると思います。
しかし、慣れると非常に楽です。

例えば、特定のサイトをSSL化するには、

kusanagi ssl –email [メールアドレス] [特定のサイトの設定名]
kusanagi ssl –https redirect [特定のサイトの設定名]

の2コマンドだけ打ち込めば良いのです。

これだけで、記事内のリンクやWordPressの設定値などもSSLに対応したものへ自動的に変換されます。

以上を、置換プラグイン入れて~証明書発行して~とかやってたら、そこそこ時間が掛かります。

殴り書きのような記事になりましたが、時間のある時にまた整理しようと思います。

自宅サーバーは良いぞ……(VPSで十分)

それでは!

              

おすすめ記事&スポンサードリンク

                       

関連記事

「SoftEther VPN」無料でVPN構築!

VPN環境を構築しました Kixiも重い腰を上げて、ついにVPN環境を構築しました。 V

記事を読む

iOS6 完全脱獄間近

ツール「evasi0n」 公式サイト:evasi0n iOS 6.x Jailbreak – of

記事を読む

no image

AMD 自作PC

先日、友人の為に自作PCの構成を考えていました。 ・できるだけ安く ・しかし性能には妥協しない ・

記事を読む

増える

余計な出費が嵩んでいきます。 まあでもPCは誰かに売る事ができますので、先の利益の為の投資と言えな

記事を読む

【レビュー】Logicool G502 ゲーミングマウス G500から買い替え

東京から戻ってきて… 真っ先にPCを付けました。 何しろ4日ぶりの自宅のPCです。 ネ

記事を読む

no image

同軸ケーブルによるネット接続

接続問題 友人宅で丁度不具合が発生していて、その復旧作業を見ていました。 LAN内での接続は確立さ

記事を読む

ファイル復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」レビュー

EaseUS Data Recovery Wizard レビュー はじめに みなさん、ファイルを

記事を読む

iOS 6.0 じぇいるぶれいく

4日の時点で更新するべきでしたが、色々時間が取れず、遅くなりました。 先日の記事で紹介した e

記事を読む

Secondary monitor

以前使っていたセカンダリーモニタが古過ぎてビジュアル的にも消費電力的にも宜しくなかったので、買い

記事を読む

Connectifyによる無線LANルーターの構築

あけましておめでとうございます。 はいてない ついに2014年ですね。 就活の年。 さて、冬休

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NURO光 自宅サーバーで100日使用したレビュー

自宅サーバー運用100日達成! NURO光で自宅サーバーを運

「SoftEther VPN」無料でVPN構築!

VPN環境を構築しました Kixiも重い腰を上げて、ついにV

ファイル復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」レビュー

EaseUS Data Recovery Wizard レビュー は

venue 8 pro (5830)レビュー 【コスパ最高の○○○専用機】

venue 8 pro とは? 2013年末に発売された、Win

MacBook Pro Retina 13インチ (Late 2013) レビュー【2018年における実用性】

MacBook Pro 13インチ (Late 2013) Retin

→もっと見る

PAGE TOP ↑