NURO光に乗り換えました【自宅サーバー運用中】

NURO光に乗り換え 回線レビュー

NURO 光 速度 710Mbps

先日の自宅サーバーの記事でも少し触れましたが、引っ越しに伴い自宅の回線をNURO光へ変更しました。

このブログも、現在NURO光の回線を通じて公開しています。
今回乗り換えた理由と、NURO光のメリット/デメリットについて触れたいと思います。

※先日の自宅サーバーの記事

【仮想化】自宅サーバーへ移行しました【VMWare Esxi&kusanagi】

そもそもNURO光とは?

とりあえず、Wikipedia参照。

NURO光(ニューロひかり)とは(※1)So-netによる(※2)光ファイバー(FTTH)網を用いたサービスを提供するブランドである(2013年4月15日より受付開始)。個人宅向け商用FTTHサービス市場で世界最速の(※3)下り最大2Gbpsを実現している(上りは1Gbps)。 @Wikipedia

これを見て分かる人は、この見出しは飛ばして大丈夫です。

よくわからない人の為に、(※1〜3)について掻い摘んで説明したいと思います。

※1.So-netとは?

SONYの子会社が運営している、インターネットサービスプロバイダーの事。
要するに、インターネット接続業者な訳です。

今までは、家庭からインターネットに接続しようとしたら

  • NTTとの回線契約
  • プロバイダーとのインターネット接続契約

が必要でした。
※WiMAXや各種モバイルルーター等は、NTTの回線は使用しないため、上記とは異なります。 あくまで、光回線、ADSL回線の場合に限ります。

NURO光は、今までの光回線サービスとは異なります。
一番の違いは、NTT既存の光ファイバーを使わず、ダークファイバーと呼ばれる、現在使われていない光ファイバーを利用している所でしょうか。

つまり、NTTとの回線契約不要で、SONETとの契約だけで完結します。
※WiMAX等と同じように、SONET一社で契約が完了します。

(※2)光ファイバー(FTTH)網

上記でも説明しましたが、通常の光回線プロバイダーと異なり、回線についてのサービスも合わせて提供しています。
他のNTTの回線とは違う光ファイバーを使ってインターネットへ接続するのです。

つまり、NTTとは異なる仕様で接続する事ができ、それが回線速度の速さへ繋がります。

(※3)下り最大2Gbps

NTTの光回線は、ほとんどが1Gbpsの速度です。

※Gbpsとは回線の速さを表します。

雑な計算

1Gbps=1000Mbps 1Mbpsは、1秒間に1000000bitの通信を行えます。(理論値) 1Gbps = 1000000000bit = 125000000 byte

NTTの回線では、1秒間に125メガバイトの速度が出ます。(理論値)
NURO光は2Gbpsなので、1秒間に250メガバイトの速度が出ます。(理論値)

しかし、家庭内ルーターは1Gbpsにしか対応していないので、いずれにしろ1Gbpsが理論上の最高速となります。

では、なぜわざわざ2Gbpsの速度を謳っているのか…?

それは、2Gbpsの回線速度が、ONU(光回線とルーターを接続する機器)⇔インターネット間 の話だから。

以下、理論値の話なので、実際の速度とは乖離していると思いますが、例をあげてみます。

例:1Gbpsの光回線の場合

家に1Gbpsの性能をフルに使いたいPCが3台あったとして、理論値的には1台あたり333.3…Mbpsの速度となります。
※ルーターとの間は1Gbpsでも、ルーターとインターネット間の通信規格が1Gbpsなので、1台あたりの速度が制限されます。

例:2Gbpsの光回線の場合

NUROの場合、インターネット間の通信が2Gbpsなので、666.6…Mbpsの速度となります。

つまり、複数台の通信を同時に行う際に、このONU⇔インターネット間の速度は生きてきます
上記に加え大本の回線が太い分、他の利用者が大量に帯域を使っている場合なども、より余裕をもった通信が可能になっています。

なぜNURO光にしたのか?

速いから

単純に、速度が速いからです。
NURO光は理論値が速い上、ネットで調べてみても早い人で900Mbps、遅い人でも400Mbpsなど、相当な速さを誇っています。

安いから

NURO光では、NTTとの回線契約不要で、「4,743円/月」のみで利用可能です。

他の光回線+プロバイダーを契約すると、6,000円近く掛かるため、今回はNURO光にしました。
※SoftBankを使っていると、月1000程度の割引があります。 ※工事費は、ずっと無料(分割割引)キャンペーンをやっています。

NURO光のメリット/デメリット

NURO光のメリット

速さと安さです。

回線で一番大事な所だと思っています。

NURO光のデメリット

細かい所がいくつかあります。

固定IPが使えない。

自宅サーバーを立ち上げたい人(変人)からすると、非常に困ります。
自宅のIPアドレスがコロコロ変わると困る人種が居るのです。

例えば、マインクラフトのサーバーを立てたい人や、自宅にWebサーバーを構築したい人。VPNを構築したい人など。

上記以外の人であれば、IPアドレスが変わっても困ることはありません。
※DDNSを利用したり、VPSを追加契約してVPNサーバーを構築する、マイIP等のサービスを利用する、Hamachなどのソフトウェアを利用するなど、抜け穴はあります。このブログも、DDNSを使って運用しています。

工事に時間が掛かる

NURO光は工事が2回必要なので、2回目の工事が終わるまでは回線は使えません。
工事も混んでいる時期等があるので、今使っている回線の契約更新より2ヶ月くらい前を見て申し込めば確実だと思います。

一部の地域しか契約不可

【NURO 光 コースのサービス提供エリア】 東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城 愛知・岐阜・静岡・三重 大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫

@NURO光 公式サイトより

上記地域以外にお住まいの方は、そもそも契約できません。

引っ越すと、回線の引き継ぎができない

引っ越す場合、一度解約して、再度契約する必要があります。
直近に引っ越す予定がある人は、契約するタイミングを吟味した方が良いです。

最後に

NURO光は、早くて安いコスパの良い回線であるように思います。
細かいデメリットを把握して、それでも速さと安さに惹かれたのであれば、ぜひ契約してみてください。

WiMAXから乗り換えて、その速さに感動しました。

キャンペーンなど

NURO光の割引キャンペーン等を見つけたら、こちらへ転記しておきます。

それでは!