*

今期アニメ 終物語 うたわれるもの-偽りの仮面-

今期アニメについて

さて、いつも写真やカメラの事ばかり更新しているので、たまには今見ているアニメの話でもしようかと思います。

社畜に成り下がって、アニメを見る時間は急激に減りました。
以前は平気で2クールのアニメを一気に見たりしていたのですが、最近は1クールのアニメでも一気に見られません。
本気でそんな余裕はない。

私がリアルタイムで週に見られるアニメは、最終的に週/2本に絞りこまれてしまいました。

という訳で、誰も求めていないと思いますが、今期見ているアニメ。

終物語

終物語

終わると言いながら終わらないコンテンツ。

西尾維新は、そもそも化物語を一冊書いて終わるハズだったと言っていましたが、あまりにも売れた為、なし崩し的にどんどん書き続けているようです。

また、彼の執筆速度はアホみたいに早いので、気付いたら19巻まで発売。
一冊一冊がライトノベルではなくて講談社BOXになるので、文量も値段も敷居は高い印象です。

時系列もバラバラなので、把握するにはWikipediaの「主な出来事」表を見たらいいかも(ネタバレ注意)。
ちなみにKixiは「終物語(上)」までしか原作を読んでいないので、今丁度新しい話をアニメで、リアルタイムで楽しめている訳です。

彼の作品で期待している部分があって、ほぼ全ての作品で「伏線」が評価されているのです。

例えば、西尾維新の処女作「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」は、読者に伏線を回収してスッキリして貰った後、最終章でその答えを更にひっくり返します。
そんな感じの、読者の想像の斜め上を行くようなエンディングにしてほしいと思います。

時系列

知り合いに化物語以来、〈物語〉シリーズを一切見ていない人が居て、今から見始めても良いか聞かれる機会がありました。
もし、そのような人が居ましたら、気にせず見てほしいです。
何しろ時系列がバラバラなので、章の途中から~とかで無い限り、特に問題は無いかと思います。

3冊目に出た「傷物語」に至っては、未だ映像化されて居ません。
(現在放送中の内容は、16巻目に相当します)

魅力

さて、本作品の魅力と言えば、その世界観とキャラクターの魅力にステータスが振られていると思います。
もちろん、西尾維新の独特な文章も重要な要素ですし、彼の世界観とシャフトの相性も非常に良いです。

これだけヒロインが出てきて、それぞれここまで違う個性を持たせる事が出来ている作品はあまり類を見ません。

このままでは、シリーズの評価になってしまうので、今まで見た終物語の感想を少し混ぜるとするならば、
それは神原駿河がかわいくなって再登場した所に集約されてしまいます。

今のところそれだけですね。あと忍もかわいい。

前半の話は、個人的にはあまり好きではありません。
というか、あの幸薄そうなヒロインに食指が伸びないだけかもしれませんが…。

うたわれるもの -偽りの仮面-

うたわれるもの 偽りの仮面

まさか出るとは思っていませんでした。

「うたわれるもの」の二期です。

そもそも、「うたわれるもの」という作品は、2002年に発売されたエロゲー(アダルトゲーム)が原作になります。
こちらは、他のエロゲ原作の作品とは少し毛色が違います。

もともとエロゲはAVGという、文章を読みながら選択肢を選ぶ感じのものが多いのですが、こちらはゲーム性があって、例えるならディスガイアみたいな感じ。

キャラクターのレベルを上げたり、コマンドで操作した気がします(詳しくは忘れた)。

また、世界観が素晴らしくて、これはアニメを見るか原作をプレイして頂かないと分からないと思います。
こういう、何でエロゲで出したのかよく分からないゲーム性が強い作品は特にLeafに多いですね。

「君が呼ぶ、メギドの丘で」なんて、まだXPのPentium-m、メモリ256mbのノートPCを使ってた頃にリリースしやがって、その内容が「完全3DのRPG」だった事には度肝を抜かれました。
時代を先取りしすぎてますね。
割りとオープンワールド系な感じで、自由にレベル上げをしたり、シナリオの時間軸にもよりますが、ストーリー無視してあらゆるマップをウロウロしたりもできました。

当然スペック不足でフレームレートが8fpsとかでしたが…。

内容も充実していて、30時間以上プレイしてもクリアできず、ノートPCは発熱しすぎて使い物にならなくなりました。

今回の偽りの仮面は一般向けコンシューマーゲームとして満を持して発売し、アニメも同時期に放送開始した非常に力が入った作品。
当然期待もしてしまいます。

ストーリー

前作から恐らく数年後?の話なのでしょうか。
まだ謎は多いですが、前作の主人公が作った国とはまた別の場所からストーリーが展開していきます。

主人公も当然前作とは別人ですが、記憶が無い状態なのは同じです。
また、彼は「ハク」と名付けられます。
(前作主人公はハクオロでした。ハクオロは、エルルゥとアルルゥの亡くなった父親の名前から取っていた気がします)

この共通性は必ず意味を成しているはず。

ヒロインも、どこかエルルゥ臭い人だったり、前作でもあった尻尾を触るくだりも再現されていたりと、以前のファンが楽しめる要素がふんだんに入っています。
アルルゥやカミュに至っては、成長した姿で登場します。

前作の国取りゲームとはまた違った戦い方を進めていきそうで、やはり気になるのでこちらも視聴継続となりました。

最後に

夜中に適当に書いた駄文でした。

先日買ったtorneのお陰で、録画は捗ってますが視聴が追いついていません…。
他に今期オススメのアニメがありましたら、教えて頂きたいです。

それでは!

              

おすすめ記事&スポンサードリンク

                       

関連記事

猫物語 黒

化物語の前日談。 傷物語の後日談。 猫物語、黒が放送されて二週間経ちますが、やっと見

記事を読む

STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

見に行って来ました。 始めに言っておきますが、アニメ本編や原作のクオリティを期待して行

記事を読む

さくら荘のペットな彼女 ~11話

4話で化けたこのアニメ。 だらだらと11話まで見ましたので、感想を書いていこうと思います。

記事を読む

京騒戯画

0話と1話、見ました。 特に0話ですが、全く話についていけません。 輪るピングドラムとか、前

記事を読む

ラブライブ二期 四話 感想!!!!!!

まあまあ落ち着いて 今回は、完全にYAZAWA回でした。 矢澤一家が貧乏みたいな設定

記事を読む

幸せの向こう側

3話まで見たので感想を。 非常に素晴らしい出来でした。 原作組も納得のクオリティ。 ス

記事を読む

さくら荘のペットな彼女 全話感想

応用情報技術者試験の前日。 当然バイトは休みで、自宅でする事と言えば、やはりアニメ鑑賞ですね。

記事を読む

ばくおん!! 原画展へ行ってきました 【秋葉原UDX 東京アニメセンター】

ばくおん!!原画展に行ってきました。 アニメは見てないんですけれども、撮ってきたのでレポートしたい

記事を読む

さむい

最近寒いですね! 目が覚めてから、布団の中に居る時間が長い。 Kとかいうアニメを見ま

記事を読む

琴浦さん

この絵なのに。 中島愛が歌うアップテンポなOPなのにも関わらず 超シリアスで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【WordPress】ついにブログをSSL化しました

Kixiの雑記帳 祝SSL化 ついに重い腰を上げて、ブログの

生存報告 2018年 ~3月

3ヶ月ぶりの更新 お久しぶりです。Kixiです。 ブログを放置して

世界初? “暗号通貨の擬人化キャラクター”のコスプレ 【モナコインちゃん】

新年あけましておめでとうございます。 暗号、仮想通貨元年と言われ

BitZeny急騰のお知らせ

ここ数日で突然急騰したBitZenyについて、紹介していきたいと思いま

AUからSoftBankへお得に乗り換えた方法【iPhone→iPhone】

はじめに みなさんは、自分の携帯代が月々幾らかかっていて、どのような

→もっと見る

PAGE TOP ↑