*

風立ちぬ

公開日: : アニメ感想 ,

見て来ました。

ネタバレを含みますので折り返させて頂きます。

1 2
              

おすすめ記事&スポンサードリンク

                       

関連記事

さくら荘のペットな彼女 全話感想

応用情報技術者試験の前日。 当然バイトは休みで、自宅でする事と言えば、やはりアニメ鑑賞ですね。

記事を読む

神曲奏界ポリフォニカ

中学生の頃、PSPのゲームでこの作品を知りました。 なにより曲が良かったのと、世界観が気に入っ

記事を読む

2013年妹キャラ第一位確定のおしらせ

新しいジャンルです。 本気で兄が嫌いな、死んでほしいと心から願うくらい兄を憎んでいる妹。 友

記事を読む

逆さまのパテマ

嫌だ みなさんご存知でしょうか。 スタジオ六花とかいう所が作ったオリジナルアニメーシ

記事を読む

しのぶメイル 其ノ伍 【終物語 11話】感想

しのぶメイル 其ノ伍 久しぶりにアニメ1話、24分に対しての感想になります。 前半はわりとど

記事を読む

眠れない夜には

今期の幼女枠、確定入りました。 議論の余地はない 完全に幼女。 誰がどう見ても幼女

記事を読む

モルジアナ

最近日記の更新が疎かになっています。 本当に申し訳ありません。なんとも思ってません

記事を読む

幸せの向こう側

3話まで見たので感想を。 非常に素晴らしい出来でした。 原作組も納得のクオリティ。 ス

記事を読む

Darker than Black 8話まで

実はよく見るこの子を探していて辿り着きました。 完全に一致? お断りしてくれ

記事を読む

他にやる事はないのか

働きたくない 遅くなりましたが、今期アニメでの幼女枠を載せていこうと思います。 キャプチ

記事を読む

Comment

  1. きんぎょ より:

    今回の映画で、宮崎監督は非常に「音」へのこだわりを見せていた気がする。
    エンジン音を人間の声で吹き込んだり、庵野秀明を声優に起用したりといった部分から、監督のこだわりがうかがえる。
    また、注目すべきは、ユーミンが荒井由実時代に出した「ひこうき雲」という曲だと思う。これをこの映画に使ったことで、宮崎駿監督(あるいはスタジオジブリ)が本当に日本人的であることを再確認した。
    この映画によって、堀辰雄、堀越二郎、松任谷由実の作り上げてきたものが若い人たちに再発見されることは、「風立ちぬ」の功績だと思う。
    ちなみに1人で見に行ったの?

    • keyryu より:

      音へのこだわりと言えば、モノラル音声がありました。
      5.1、7.1が一般的になってきた中、あえてモノラルで作った映画。

      実はモノラルには、「声」が届きやすい、という特性があります。
      AMラジオ等では未だにモノラル仕様ですね。

      同時に5人に話しかけられるのと、1人に話しかけられるの、どちらが聞き取りやすいか考えたら分かりやすいと思います。

      声が、セリフが真っ直ぐ届く。
      上映中は意識しませんでしたが、終わってからそう言えば声がすんなり入ってきたな、と思いました。

      察していただきたい。
      まあ友人と行ったんだけど。

  2. きんぎょ より:

    男同士で風立ちぬというのもなかなか乙だね
    モノラル、わかりやすい説明をありがとう

    • keyryu より:

      返信おそくなりましたmm

      むしろ女同士で風立ちぬの方が乙ではないでしょうか。
      劇場内見渡しましたが、カップルか男同士が多かったです。
      そしてなによりも、ソロプレイヤーが多い気がしました。

      風立ちぬ、見に行かれましたでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREV
4日
NEXT
めんきょ
元号が変わるとSEが死ぬ理由

元号が変わるとSEが死ぬ そう多くのメディアでまことしやかに言われて

【ESXiでFreeNas】HDDを交換する方法【RAID-Z】

前置き みなさん、ESXiライフはどうでしょうか? Kixiは停電

【3/22】停電でサーバーが落ちてました…

停電で自宅サーバーが落ちていました 22日の夕方。 仕事で使う資料

プリコネリセマラしました【無料140連】

こんばんは。 最近は残業に次ぐ残業により、ブログを完全に放置して

【VMWare ESXi 】自作サーバースペックアップ!【MEM32G,HDD20TB】

一応サーバーの拡張はメモとして残しておこうと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑