*

PENTAX MX を手に入れた話。

PENTAX MXとは?

カメラです。
しかし、最近のカメラではありません。

40年前の機械式のカメラです。
ゼンマイやバネなどを動力源にして、電気を使わずにシャッターが切れる、所謂アンティークカメラになります。

もちろんフィルムカメラなのですが、フィルムの巻き上げや、撮影時のシャッター速度や絞り、ピント合わせまで、全てがマニュアル操作
唯一露出計だけデジタルで付いています。
教えてくれるのは、露出が高い低い丁度いいかのみ。

撮影者の腕が純粋に問われます。

ご尊顔

PENTAX MX

PENTAX MXが人気の理由。
それは、その高級感からでしょう。

触ってみた感想

発売から40年経っても、状態の良いものだと2万円以上する事も多いPENTAX MX。
その人気の理由を考察します。

外観、デザイン

全身真鍮製のコンパクトにまとめられたボディ。
その小ささから、ズッシリと重い印象を持ちますが、本体の重さはたったの495グラム。

PENTAX MX
PENTAX MX

一眼レフでありながら、驚くほどコンパクトに纏まっています。
当時は、オリンパスと小型、軽量化を競い合っていた時代。
内部の構造は想像もつきませんね。

機能

これは、機能が充実しているとかそういった話ではありません。
必要最低限の機能のみ搭載している所に、シンプルで潔い設計思想が見え隠れします。

例えば、唯一デジタルな機能である露出計。
これは、無いと別で露出計を持つか、勘で撮影する事になります。
(しかもフィルムカメラなので、露出が正しいかは現像しないと分からない)

露出計が付いているのは、非常に大きいですね。
(他の古いカメラには付いていない機種も結構あります)

他、オートと名の付く機能は一切無く、全てマニュアル操作にて撮影する事になります。
露出計も、適正露出を教えてくれるだけで、それに伴ってカメラが補正してくれたりはしません。

操作可能なのは、

・シャッター速度
・絞り(レンズ側)
・ISO設定(露出計連動のため)
・タイマー(ゼンマイ音がcool)
・プレビュー機能(絞り)

といった所でしょうか。

シャッター速度

個人的には、シャッター速度が変わる所に感動しました。

ゼンマイと歯車、ゴムやバネなんかの組み合わせのハズなのですが、1秒から1/1000秒までシャッター速度を変更できます。

1秒なんかにすると、ジーと機械音がしてからシャッターが切れて、その精度に驚きました。

PENTAX MX

ここで設定します。
銀ボタンを押しながら回すと、露出計と連動するISOの感度を設定できます。
フィルム単位で設定する事になりますね。

この角度からだと見えないのですが、シャッターボタンの向こう側にシャッターカウンタがあります。
フィルム室を開けると、自動で初期化される仕組みになっています。
(どうなってんだ…)

巻き上げクランク

PENTAX MX

左側に見えるのが、巻き上げクランク?です。
撮影後、このノブでフィルムをケースの中に巻き取ります。

ノブを持ち上げるとフィルムのロック解除、更にもう一段持ち上げると、フィルム室が開きます。

フィルム室

PENTAX MX フィルム室

綺麗すぎて40年前のモノとは思えない。

ファインダー

PENTAX MX ファインダー

頑張って撮りました。

右に見えるオレンジ色のが露出計。
5段階表示で、画像は「露出が一段上」である事を表しています。

シャッター速度はその横。
今1/30秒ですが、一段上なので、1/60にすれば適正露出に近づきます。

上部に見える、1.7の数字が絞りです
絞り表示は非常に面白い構造になっていました。
直接ファインダー内に、レンズに印字されている値が投影されています。

レンズの絞りダイアルを回したら、当然この値も変化します。
こちらで露出を調整する事もできます。

上記画像だったら、絞りを一段上げれば適正に近づきます。

その他、これらの値は露出以外にも被写界深度や手ブレの有無にも影響してくるので、考えて調整する必要があります。

レンズの互換性

PENTAX MX
PENTAXは半世紀近くレンズマウント方式を変更していない。
Kマウントのレンズは、基本的に嵌めれば嵌ってしまう。
(APSCサイズのDAレンズだと殆どがケラれると思われます)

フルサイズに対応しているレンズだと、最近のものでも使用可能。

しかし、ここで気にかけて欲しいのは反対の互換性。
つまりは、PENTAX MX世代のレンズが最新の一眼レフに付く事が非常に大きなメリット足りえるのです。

オールドレンズ

そう呼ばれるこの世代のレンズのメリットは、

・味のある写真が撮れる。
・明るく、ボケやすいレンズが多い。
・安い

などなど

PENTAX K-5 iis

PENTAX K-5 iis に PENTAX-M 50mm f1.7を装着。

年齢差 約40年。

PENTAX-M 50mm F1.7で撮影した写真

PENTAX K-5 iis PENTAX-M 50mm f1.7

F1.7開放の単焦点で撮ると、背景はこんなに美しくボケます。

PENTAX-M 50mm F1.7 シャルロッテ

非常に味のある写真も手軽に撮れます。

ちなみに、この記事に使っている写真は一切編集していません。
全て撮って出しです。

最後に

格安で手に入れたのは良かったのですが、フィルムが高い…。
下手したらPENTAX MX本体よりもフィルム10本入りのパックの方が高いです。

PENTAX K-5 iis のサブとして、本当に気に入った光景を切り取るような使い方をしようと思います。

誰かフィルムください。

それでは!


              

おすすめ記事&スポンサードリンク

                       

関連記事

Sony FE 85mm F1.8 レビュー 【コスプレ作例追加】

Sony FE 85mm F1.8 レビュー Sony FE 85mm F1.8を購入した

記事を読む

最近更新が

滞っています。 まんだらけにて未開封400円で拾ったフィギュアです。 ねんどろいどというだけで、

記事を読む

ごちうさ原画展 行ってきました!

ご注文はうさぎですか?原画展 謎空間が出来上がってた。[/caption] ごちうさ原画展

記事を読む

初代 EOS 5D 作例 ガールズアンドパンツァー 西住みほ

「CANON EOS 5D 初代」は今でもコスプレ撮影に使えるのか?【作例あり】

Canon EOS 5Dとは? なんと12年前(2005年)に発売された一眼レフカメラ

記事を読む

最近撮ったもの【月、猫、鳥、等身大フィギュアなど】

満月 PENTAX K-5 II s SIGMA 18-250 F/8 ISO-100 1/20

記事を読む

更新が

捗らない。 毎日更新するとか言っていた矢先にこの体たらく。 本日は久々に放課後暇でしたの

記事を読む

MADOGATARI展 行ってきました!【SHAFT 40th ANNIVERSARY】

まどがたり展 in Tokyo 行ってきました。 本当は、写真でその素晴らしさをお伝

記事を読む

【2017年】新年あけましておめでとうございます。

はじめに 新年あけましておめでとうございます。 今年も、Kixiの雑記帳をよろしくお願いいた

記事を読む

逆さまのパテマ

嫌だ みなさんご存知でしょうか。 スタジオ六花とかいう所が作ったオリジナルアニメーシ

記事を読む

手持ちで撮影 地面に置いて撮影 結構様になってきた気がします。 もうそろそろ学校も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

venue 8 pro (5830)レビュー 【コスパ最高の○○○専用機】

venue 8 pro とは? 2013年末に発売された、Win

MacBook Pro Retina 13インチ (Late 2013) レビュー【2018年における実用性】

MacBook Pro 13インチ (Late 2013) Retin

映画「カメラを止めるな!」は超低予算映画の新しい形【感想】

「カメラを止めるな!」 まずそのキャッチーなタイトルに目が惹

秋葉原のオススメ作業スペース 厳選2箇所

秋葉原に通い続けて4年目になりました 高校生の頃から、PCを背負って

自宅サーバー 約40日間安定稼働しました!【VMWare ESXi & kusanagi】

自宅サーバーが安定稼働中です! 今までインフラエンジニア的な事もせず

→もっと見る

PAGE TOP ↑