須磨浦公園

500km

旅行二日目、まさかの山口から500kmノンストップで来ました。 どれだけ山口から離れたかったのか定かではありませんが、お洒落ショップに行く案が一蹴された所を見ると、最初からこうなる事は決まっていたような気もします。 確かにノープランでしたが、まさかこの一日で予定の半分の距離を詰められるとは思ってませんでした。 国道二号線沿いに、山口→広島→岡山→兵庫→大阪(now) 運転手も途中から瞳孔が開ききって、車内音楽に合わせて小刻みに揺れたり、ワイパーやミラー動かしてリズム刻んだり、信号待ちの時に必ず怯えるように明後日の方向を見たりと、非常に楽しい旅となりました。 途中立ち寄った、須磨浦公園では36度という猛暑の中、幼い子連れの家族しか居ない公園内を闊歩しました。 この季節に梅林に行くとか頭おかしい言動にも付き合い、噴水とか書いてあるけど、博多駅前の霧吹きの方が立派な、しかも自分達が近づくと噴水が止まる空気が読める噴水で記念撮影したりしました。 この公園の恐ろしい所は、 入場料が1500円かかる事 駐車料金に須磨補正がかかっているのか恐ろしく高かった事 ですね。 ただ、上から見た景色は非常に綺麗です。 神戸に来た際はご一考を。 とネカフェで書いた所で今日は終わりです。 また三時間後には旅行が再開されますので、これから仮眠をとります。 それでは!!